【迷惑メール】対策の基本は、無視し、何もせず削除すること

迷惑メールは、「SPAMメール(スパムメール)」や「ジャンクメール」とも呼ばれています。ウイルス被害、個人情報の流出、機密情報の漏洩などの一番の原因は、この「迷惑メール(いたずらメール)」だと言われています。

 

どういうのが迷惑メール?

 

①”システムが変更になりました・・・手続きをしてください”

→ログイン時の個人情報などを要求するメール

②”これをしないと・・・になるよ”

→脅迫めいたメール

③“すぐに添付ファイルを確認ください”

→添付ファイルを見ることを催促するメール

④”あなたに・・・が当たりました”

→もうけ話のメール

 

迷惑メールの傾向

 

①登録している名前やパスワード、その他個人情報を求める内容

②注文していない商品の注文確認をする内容

③支払い情報の更新を求める内容

④添付ファイルやソフトウェアのインストールを求める内容

⑤文章の表現がおかしい(誤字や文法の間違い)

 

*いつもと違うメールは、迷惑メールではないかと疑って下さい。

 

迷惑メールの基本は、

”無視し、何もせず、そのまま削除する”  ことです。

 

迷惑メールに返信するのは× 絶対にダメです

(メールアドレスがばれます)

 

迷惑メールの添付ファイルを実行するのは× 絶対にダメです

(ウイルスに感染します)

 

迷惑メールのURLをクリックするのは× 絶対にダメです

(不正なサイトに誘導されます)

 

例えば、迷惑メールに腹を立て、「こんなメールは送信しないで欲しい」と抗議のメールを返信したら、悪徳業者のメールリストに記録され、迷惑メールの餌食になります。

 

■■□―――――――――――――――――――――――□■■

迷惑メールの未然防止 ~メールアドレスの作り方に注意

■■□―――――――――――――――――――――――□■■

 

迷惑メールは、メールアドレスをある規則で作成し、無作為に迷惑メールを送信したり、インターネットに公開されているメールアドレスに送信されます。その為、メールアドレスの作り方・使い方に注意しなければいけません。

 

(1) メールアドレスを工夫し、単純なメールアドレスにしない

(2) メールアドレスを複数持ち、家族・友人用、個人情報登録用、公開用などに使い分ける

 

以下は有効なメールアドレスの付け方です。以前、携帯の迷惑メールに困ったことがあり、下記内容でメールアドレスを変更したら、それ以降ピッタリ止みました。

 

(a) メールアドレスには、英文字だけでなく、数字も使用する。

(b) 桁数をなるべく多くする。

(c) 辞書に載っている英単語は使用しない。

(d) 誕生日等の個人情報は使用しない。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

迷惑メール受信時の対策

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

迷惑メール受信時の対策は以下です。このことを守れば、ほとんどの迷惑メールの危険を防ぐことが可能です。

 

①不審なメールは「無視」が大原則、絶対に返信しない(メールアドレスが悪用されます)

例えば、迷惑メールに腹を立て、「こんなメールは送信しないで欲しい」と抗議のメールを返信したら、悪徳業者のメールリストに記録され、迷惑メールの餌食になります。

 

②迷惑メールの添付ファイルは絶対に実行しない(ウイルスに感染します)

迷惑メールの添付ファイルにはウイルスが入っています!!

「面白い画像があるよ!」という不審なメールの添付ファイルを、興味半分で、実行したらウイルス感染!

 

③迷惑メールの中のURLは絶対にクリックしない(危険なサイトに誘導されます)

迷惑メールのURLをクリックすると危険なサイトに誘導され、個人情報を盗まれたり、ウイルスに感染したりします。

 

④差出人が友人だからと安心しない、差出人を偽るメールもあります(差出人詐称(さしょう)ウイルスメール)

差出人を変更し、差出人が友人から送られたように送信する、ウイルス付きメールもあります。差出人だけをみてOKと判断せず、メールの内容を良く見ることが大事です。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

迷惑メール撃墜方法

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

最近の迷惑メールは、メールアドレスを変えたり、メール件名・内容を変化させるので、特定のメールアドレスやメール件名のフィルタリングでは、防ぐのが難しくなっています。

 

現在有効なのは、”学習型”という言われる迷惑メール対策です。メール件名・メール内容から総合的に判断し、迷惑メールを予測します。

 

ただし、正規のメールを迷惑メールと判断することがあるので、時々、迷惑メールと判断された中に、大事なメールがないか確認することが必要です。

 

--《注意!!》---------------------

”学習型”の迷惑メール判断は常に100%正しいとは限りません。

正常なメールを誤って迷惑メールと判断することがあります。

迷惑メールと判断された中に、正常なメールがないか、時々、確認することが大事です。

-----------------------------

 

(1) 検索エンジンの無料メールサービスの迷惑メール対策を活用する

Gmail”、”Yahoo!メール”、”Outlook.com”などの無料メールサービスが提供している迷惑メール対策を活用する方法です。

 

(2) セキュリティ対策ソフトの迷惑メール対策機能を活用する

最近のセキュリティ対策ソフトは、迷惑メール対策機能を持つものが多いので、この機能を使うのも一つの方法です。

 

(3) プロバイダーが提供する無料サービスを活用する

初期設定では有効になっていないサービスもあるので、利用する際には、プロバイダーの会員サービスなどを確認しましょう。

 

(4) 迷惑メール対策機能をもったメールソフトを活用する

メールソフト自体に迷惑メール対策機能を持ったソフトもあります。

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain