【サイバー攻撃】とは、インターネットを利用した攻撃

サイバー攻撃とは、インターネットを利用した特定の国家・企業・団体を狙った攻撃。

 

サイバー攻撃」や「サイバーテロ」など、よく耳にする「サイバー(cyber)」。「cyber」は英語の形容詞で、「コンピューター・ネットワークの」「コンピューター・ネットワークを利用した」といった意味があります。

 

なお、「コンピューター・ネットワーク」と言えば、インターネットなので、「サイバー」とは「インターネットの」「インターネットを利用した」というようになります。

 

サイバー攻撃・・・インターネットを利用した攻撃

サイバーテロ・・・インターネットを利用したテロ

サイバー犯罪・・・インターネットを利用した犯罪

 

「サイバー」は「電脳」と訳されることもあります。

 

サイバー攻撃」とは、コンピューターネットワークを利用して不正侵入し、データを盗む、もしくは改ざん/破壊する、といった行為。中でも大規模で影響が甚大で深刻なものや、政治的・社会的混乱を目的に行われるものは「サイバーテロ」と呼ばれます。

 

サイバー攻撃は、社会に混乱をもたらしたり、国家の安全保障を脅かしたりすることが目的。

 

サイバー攻撃」は、インターネット経由で、パソコンなどのコンピュータに不正アクセスや不正メールを送信し、特定の国家、企業、団体にダメージを与えようします。

 

サイバー(cyber)とは、「電脳世界」「電脳空間」「ネットワーク世界」という意味であり、そこから、インターネットの出来事に「サイバー」と付ける事が多くなりました。

 

インターネットを利用した攻撃を、「サイバー攻撃」「サイバーテロ」「サイバー犯罪」などと呼びます。

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain