【公衆Wi-Fi】とは無料でネット接続を提供するサービス、なお盗聴の危険性あり利用時には注意!

公衆Wi-Fiは、無料Wi-Fi、Wi-Fiスポット、ホットスポットとも呼ばれ、無線LANを使用し、ごく限られたエリアでインターネットへの接続ができるサービスです。

 

コンビニ、空港、駅、ファーストフードなどにおかれ、町中でインターネットが利用できます。

 

f:id:yougo-school:20181020095642p:plain

 

公衆Wi-Fiは危険! 利用時の注意事項とは

Wi-Fiは無線で通信するので、盗聴されないよう、暗号化して通信するのが普通ですが、公衆Wi-Fiでは、通信を暗号化するためのパスワードを入力せず、すぐに使えるようになっているのが多いです。

 

つまり、公衆Wi-Fiは、セキュリティがほとんど考慮されておらず、安全性は確保されていません。

 

はっきり言えば、公衆Wi-Fi(無料Wi-Fi、Wi-Fiスポット)は安全対策が不完全なもの多いと考えられます。というか、公衆Wi-Fiでは、安全対策はほとんど実施されていないと考えたほうが良いですね。

 

そのため、公衆Wi-Fiで、オンライショッピング、オンラインバンキング、メール、SNSなどを利用するときは注意しましょう。できれば、このようなサービスは利用しないほうが無難です。

 

  公衆Wi-Fiでは ショッピング、オンラインバンキングは利用しない!

 

もし、公衆Wi-Fiのような安全性が不明な場所でインターネットを使う場合、個人情報を使うサイトはURLが ”https://”となっていることを確認してください。

 

URLが ”https://” (httpに”s”が付く)になっているときは通信が暗号化され安心

 

f:id:yougo-school:20181020095711p:plain

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

Wi-Fiの安全性の見分け方

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

スマホのWi-Fiの設定画面の“Wi-Fi一覧”で下記を確認下さい。

 

①まずは、鍵マークがあるかどうか確認下さい。鍵マークが無いと、安全対策がなく、危険です。

 

鍵マークが無いと、パスワードを入力しなくても接続可能ですが、この場合は、通信の暗号化が実施されていないので、入力情報を盗聴される可能性があり、危険です。

 

②次に、鍵マークのあるWi-Fiで、暗号化方式を確認下さい。暗号化方式が“WEP”の場合は、見破られる暗号方式で、これも危険です。

 

③最も安全なWi-Fiは、鍵マークが有り、暗号方式が「WPA2」のものです。

 

(注)暗号化方式とは

無線LANは盗聴される危険があり、昔から暗号化方式が考えられ、古い順に、「WEP」「WPA」「WPA2」があります。

古い暗号化方式「WEP」は、解読するのが可能なので、“暗号化無し”と同じです。また、「WPA」の暗号化方式も、安全とは言えません。最も安全な暗号化方式は、一番新しい「WPA2」です。

 

f:id:yougo-school:20181020095734p:plain

 

f:id:yougo-school:20181020095745p:plain

 

≪参考≫使わないWi-Fiは自動接続を解除

なお、誤って公衆Wi-Fiに接続すると、その後、自動接続されるので、使わない場合は、自動接続を解除しましょう。以下は、ドコモ製 Android端末(v4.4.2)「SH-04F」での、自動接続解除の例です。

 

f:id:yougo-school:20181020095809p:plain

 

■■□――――――――――――――――――――――――□■■

公衆Wi-Fiの一例 *ほとんどが安全性を考慮されていない!!

■■□――――――――――――――――――――――――□■■

 

f:id:yougo-school:20181020095836p:plain

 

f:id:yougo-school:20181020095849p:plain

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain