【ブログ】とは、手軽に情報発信できる日記形式のホームページ

ブログは、日記形式のホームページです。ブログの魅力は、従来のホームページの様な手間もいらず、日記・趣味・仕事の話題等の情報発信が簡単にできることです。

 

以前は若い人の利用が多かったですが、最近は中高年にも人気が出てきました。私も中高年の一人ですが、ブログを書くことで、様々な好奇心が出てきて、ぼけ防止にも役立っているようです。

 

なお、ブログというと公開することが前提ですが、”自分だけしか見ることができない”秘密のブログも作成可能です。

 

ブログ(blog)は、「Weblogウェブログ)」を略した呼び名です。

 

  Weblog = Web(ホームページ) + log(日誌)

 

ブログのレイアウトは事前に準備されており、レイアウトを選択し、記事を書くだけで、記事が日時順に並んだホームページが自動的に作成されます。

 

ブログでは、ホームページの様な作成するソフトもいらず、会員登録(ほとんど無料)すれば、定型のレイアウト(テンプレート)を使って簡単にホームページが作成でき、必要な記事を入力するだけで、記事が並んだホームページが自動的にできます。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ブログの特徴

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

(1) 日記、趣味等をホームページの形で簡単に公開。特別なソフトは不要。

 

(2) 無料の「ブログ・サービス」が多く、会員IDを登録すれば、その日からブログを開設。

 

(3) パソコンばかりでなく、スマホ・携帯からも記事を投稿。

 

(4) ブログは検索エンジンに有利に働き、検索エンジンでよくヒットします。

 

ブログは内容がテキスト中心で、また、他のブログからリンクされることで、検索エンジンの検索に有利に働きます。

 

(5) お互いのブログを相互にリンクするトラックバック機能

 

自分が書いた記事と関連した記事に自動的にリンクを張るもので、お互いに「誰にリンクを張って、誰からリンクされているのか」を知ることができます。

 

 

最近のインターネットは、FacebookTwitter、Lineなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)が人気ですが、インターネットで情報を発信しようとする場合、ブログは今でも有効です。ブログは、Facebookのように実名である必要もなく、Twitterのように140文字という文字数の制限もありません。

 

また、ブログサービスは基本的に無料で、文字・画像・動画を組み合わせ自由に発信でき、ブログのスタイルも自由に変更できます。ぜひ、多くのシニアの方にも利用して欲しいですね。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

 ブログには何を書いたら良いのか?

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

 

内容は多少硬いですが、以下の本には、何度読んでも教えられました。この本の内容を参考に、今までのブログの経験から、ブログに何をどのように書いたら良いか、まとめてみました。

 

 『「書ける人」になるブログ文章教室』(山川健一(著) ソフトバンク新書)

 

(1) 自分が「得意なジャンル」が何かを考えること。

 

たくさんの人に読んでもらうためには、自分のウリが何かをよく考える。いろんな人生経験をブログで公開したら楽しいですね。

 

(2) ブログを始める時に大事なのは、何よりブログの「タイトル」。

 

ブログが読まれるかどうかはタイトルにかかっています。ブログの内容が一目でわかり、インパクトのある表現にして、出来るだけ短めにしましょう。

 

(3) ブログには「今」を書くこと。

 

ブログは時間軸が大事。読む人も同じ時間の流れで生きています。今の話題について書くとアクセスが増えます。

 

(注)ただし、炎上しやすい話題(宗教、皇室、政治など)については慎重に、出来れば避けましょう。

 

(4) 「経験」と「本音」で書くこと。

 

経験したことは説得力があります。また、本音で書くと(どこまで本音を書くかは難しいですが)文章に個性が出て、読む人の興味を引きます。

 

(5) 自分自身の日本語を鍛えつづけること。

 

音声も動画もブログに取り込めるようになったが、やはり、ブログの基本はテキストデータ、すなわち言葉。言葉というのは人間の活動の中心にあるもので、ブログにおいてもそれは変わらない。

 

 

上記に加え、以下も大事ですね。

 

(6) 書く話題は広げず具体的に

 

テーマを絞り、話題が広がり過ぎないようにすることが大切。自分が書きたいことについて自由に書いていくことが、続ける一番の秘訣。

 

(7) ちょっと自虐的に書いてみる

 

上の目線から意見するような書き方でなく、ちょっと自分を茶化して書いているようなブログは好感が持てる。

 

(8) 記事の書き方がブログの"店構え"になる

 

記事の行間の空け方、文字の大きさ、バランス、色でそのブログの印象が決まる。つまり自分なりの書き方のスタイルを工夫すること。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

 ブログに必要な文章スキル

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

次の本の中に、「インターネット時代に必須の文章スキル」というのがありましたので、紹介します。ブログを書く際にも、この文書スキルは大事ですね。

 

 『圧倒的!伝えるチカラ』(藤村 正宏 (著) 出版社: ローカス)

 

文書スキルを向上させるコツは、とにかく、ブログを書くことを継続すること、公開する前に文章を見直すことが大事ですね。

 

(1) 文章は練習すると誰でも上達する

 

あきらめずに練習する

 

(2) 伝わる文章の秘訣は読み返すこと

 

分かりやすい文章を書くためには、まずは自分の書いたものを読み返すこと、これは必須。

 

(3) 少し時間をおいて見直してみよう

 

時間をおいてから、読み返してみる。できたら、最低でも30分以上。

 

(4) 声に出して読んでみよう

 

声に出して読んでみましょう。音読をすると、おかしい部分がさらに明確になる。

 

(5) 読み手は誰かを考える

 

読む人が誰かを意識して書きましょう。読んでくれる人がどういうことに「関心」があるかを考えましょう。

 

(6) 新聞コラムに学ぼう

 

朝日新聞天声人語」、読売新聞「編集手帳」、日経新聞「春秋」、産経新聞産経抄」のような各新聞のコラムを毎日読むことです。できたら音読しましょう。読むだけで、勉強になります。短い文章で、見事に伝えています。

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain