ルーターはインターネットにつなぐための機器 ~ブロードバンドルーターと無線LANルーター

自宅でインターネットを使う時によく聞く“ルーター”は、パソコン、スマホなどをインターネットにつなぐための重要な機器です。

 

「ルーター」は、インターネットなどのネットワークの中の指定されたコンピューターにデータを送るための機器です。ルーターは、インターネットのデータの道案内の役目を果たします。

 

ルーターがあることで、インターネット接続が可能になります。また、ルーターがあることで、複数のパソコンやスマホを同時にインターネットに接続することが可能です。

 

以前、“ブロードバンドルーター”というのがありましたが、これは、光回線、ADSL、ケーブルテレビ等の高速通信(ブロードバンド)が出始めた頃に、よく使われたルーターでした。ただし、今は、この名前はほとんど聞かなくなりました。

 

今は、ルーターと言えば、無線も使える“無線LANルーター”が一般的になり、家庭でインターネットを利用する場合、必要不可欠な機器になりました。

 

家庭で使うルーターには、パソコンなどを線で接続する有線タイプと、無線で接続する無線タイプがあります。一般的に、以下のように考えたら良いと思います。

 

①線で接続する有線タイプで使うルーター →ブロードバンドルーター

②無線で接続する無線タイプで使うルーター →無線LANルーター

 

なお、家庭で使うルーターは、以前は①のブロードバンドルーターという機器が一般的でしたが、今は、無線(Wi-Fi)活用が普及し、②の無線LANルーターが一般的になりました。

 

なお、無線LANルーターは無線LAN機能(Wi-Fi機能)に加え、ほとんどの機器が、有線接続も可能になっています。

 

ルーターはパケットフィルターリング(データ選別)という機能も持っています。

 

インターネットからのアクセスのうち、特定の条件を満たすデータだけを通し、条件を満たさないデータは通さない機能です。このことで、インターネット側からの一方的なアクセス(不正攻撃)を遮断できます。

 

そのため、ブロードバンドルーター、無線LANルーターを使用すると、パソコンを直接インターネットに接続するのに比べて、セキュリティが向上します。

 

f:id:yougo-school:20181111121038p:plain

f:id:yougo-school:20181111121047p:plain

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain