無線LANルーターは無線でインターネット接続する機器

無線LANルーターは、パソコンやスマホなどの複数機器を、無線で接続し、インターネットにアクセスできるようにしてくれます。

 

また、ファイアウォールなどのセキュリティ機能も備えており、インターネット側から家庭内LAN内に対しての不用意な侵入を防ぐ“守り”の役目も果たしてくれます。

 

なお、無線で複数の機器を接続するのを「無線アクセスポイント」と呼びますが、無線LANルーターは、この機能も持っていることになります。

 

結局、無線LANルーターは以下の機能を持っています。無線LANを構築するには、この「無線LANルーター」が必要です。

 

①インターネットに接続する「ルーター」機能

②機器を無線で接続する(Wi-Fi接続する)「無線アクセスポイント」機能

 

無線LANルーターを、ADSL回線や光回線などに接続して、家庭内で無線でのインターネット接続の環境を作ります。

 

なお、無線LANルーターは、Wi-Fiルーターとも呼ばれます。厳密には違いますが、ほぼ同じです。(注)以下、無線LANルーター=Wi-Fiルーターと考えて良いです。

 

無線LANでは、電波を送る方が「親機(アクセスポイント)」、その電波を受取る方が「子機」になります。

 

「無線LANルーター」(Wi-Fiルーター)が、無線LANの「親機」になり、パソコンやスマホ、プリンターなどが「子機」になり、無線で接続されます。

 

これ以外に、無線LAN機器には「中継器」があり、自宅内で無線LANルーターだけでは電波が弱い・圏外の場所がある場合に使用します。中継することで、電波の届く範囲を広げることができます。

 

f:id:yougo-school:20181128115201p:plain

f:id:yougo-school:20181128115209p:plain

 

《補足》無線LANルーターをインターネットに接続するには(「PPPoE」との関係)

 

まず、光回線終端装置(ONU)またはモデムを、無線LANルーターの「INTERNET」もしくは「WAN」ポートに、LANケーブルで接続します。

 

次に、プロバイダから通知されてきた「ユーザ名(ID)」と「パスワード」を、無線LANルーターに入力する必要があります。

 

パソコンでインターネットに接続する時に、プロバイダは、そのパソコンの持ち主が会員であるかどうかを確認 (認証)する仕組みになっていますが、その際に会員かそうでないかを判断するのが「ユーザ名(ID)」と「パスワード」です。

 

インターネットの接続設定は最初に一度しておけば、その内容は保存され、接続の際に自分の「ユーザ名(ID)」と「パスワード」が回線を通じてプロバイダに自動的に送り出されて、認証されます。

 

このインターネット接続設定をする機能が「PPPoE」と呼ばれるものです。

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain