ネットサービス活用の護身術

メール・SNSなどにある怪しいURLの【安全チェックサービス】紹介

メール、SNSなどにあるURL、これって安全なの?と疑問に思ったことがありませんか? また、短縮されたURLは、本当に大丈夫なサイトなのかどうか分かりづらいですね。 こんなとき役立つ、怪しいURL(Webサイト)の安全性をチェックするサービスを紹介します。…

パスワードの安全活用と悪用を防ぐポイントとは

「パスワードを複雑にしているから安全」と考えていませんか? 実は、私はそう考えていました。しかし、同じパスワードを複数サービスで使っていると、いくら複雑にしてもダメです。 最近、「パスワードリスト攻撃」が増大中で、何らかの手段により盗んだパ…

Webサービスのパスワード 管理していますか? お勧めのパスワード管理とは

Chrome、IE11、Microsoft Edge、Firefoxなどのブラウザーには、ID・パスワードを保存し、次回ログイン時に自動的に表示してくれるという便利な機能があります。 しかし、基本的に、パスワードはパソコンの中に記録されており、パソコンの紛失や廃棄のことを…

個人情報が流出しても慌てない Webサービスの活用方法とは?

インターネットでは、サイトに不正アクセスがあり、個人情報が流出するという事件が、毎年、発生しています。知らず知らずのうちに、この不正アクセスによる個人情報流出が多数発生しており、個人情報流出は当たり前の時代になりました。 個人情報流出で、最…

悪質な通販サイトを見抜くポイント(スマホ版)

インターネットには、ビックリするような安い値段で商品が買えるといって、消費者をだます悪質なサイトがたくさんあります。インターネットで検索して、安い商品を探し、購入している場合は、要注意です。 ここでは、スマホ版の「悪質な通販サイトを見抜くポ…

悪質な通販サイトを見抜くポイント(パソコン版)

3年前の2015年、NHKの[Eテレ]で、”団塊スタイル「狙われるシニア!インターネットに潜むワナ」”という番組があり、インターネットの悪質な通販サイトに騙されるシニアの方が増えているとありました。今は、悪質な通販サイトはもっと増えていると思います。 …

使うネットサービスを選択する【ネットサービスの断捨離】が必要

販売サイトの4割が実際の被害に会っている!という驚くべき事実があります。 商品やサービスをインターネット上で販売するサイト(ECサイト)の5割が攻撃を受け、そのうちの7割以上が「情報漏洩」などの実害に繋がっている事実が明らかになっています。 結局…

いつも見ているサイトでも安心できない ネットの危険は正規のサイトからが8割以上も

最近の脅威、インターネットの危険は正規のサイトからが85%という報告。 最近のウイルスの状況、以前とは違うなあと感じていましたが、セキュリティソフト提供のトレンドマイクロの情報によると、インターネットの危険は正規のサイトからが85%だということ…

【SEOポイズニング】とは、不正なサイトを検索結果の上位に表示させる行為

SEOポイズニングとは、悪意ある人物が、不正なサイトを検索結果の上位に表示し、プライバシー情報の搾取やウイルスやマルウェアへの感染などの攻撃を行う手法です。 Googleなどの検索エンジンは、世界中にあるコンピュータを巡回し、ホームページを収集し、…

URLが【https】でも危険な場合が・・・ サイトの運営者の確認も重要!

ホームページのURLが「https」の場合には、「SSL/TLS」という暗号化の仕組みが活用されており、安全だとよく言われますが、実はフィッシング詐欺の4分の1が「https」とも言われ、決して安全ではありません。 実は、簡単に「https」にすることが可能で、これ…

【フィルタリング】とは、インターネットの 有害情報を見せないようにすること

フィルタリングを活用することによって、アダルトサイト、暴力的又は残虐なホームページ、薬物情報のホームページ、出会い系ホームページ等を、見せないようにすることが可能になります。 インターネットには有益な情報もありますが、有害な情報もたくさん存…

【公衆無線LANの注意事項】とは、 安全でないものが多いので要注意!

公衆無線LAN(公衆Wi-Fi)は安全でないものが多く、個人情報が必要なホームページへのアクセスは避けた方が無難です。 (注)公衆無線LAN(公衆Wi-Fi)は、無料Wi-Fiスポットとも呼ばれます。 カフェ、コンビニ、駅・空港内、地下鉄などで、公衆無線LANが増…

【無線LAN(Wi-Fi)の暗号化】とは、 盗聴されるのを防ぐ仕組み

まず、暗号化について考えてみます。暗号化とは、データを簡単に読めないようにすることです。 例えば、”数字を英文字に変更する“(1→a、2→b・・・)という暗号化を考えてみます。 123-456-7890 → 暗号化 →abc-def-ghij 471-238-0956 → 暗号化 →dga-bch-jief…

サイトを安全に利用するには URLが【https】に加え 【鍵マーク】や【企業名】の確認も必要

インターネットでホームページを見た時、ブラウザーのアドレスバーのURL表示が、通常は“http”なのに”https” と httpに”s”が付いていることに気づいたことがありませんか? “https”は、“http”にsecure(セキュア、安全)の「s」を追加したもので、「インター…

【2段階認証】とは、Webサービスを安全に活用する最強の方法

今の時代、Webサービスを利用する場合、パスワードだけでは不安な時代になりました。 インターネットにはパスワードを見破る攻撃が様々あり、見破られることで、自分のID(アカウント)が不正利用されます。 また、ネット・サービスから、パスワードなどの個…

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain