【ハードウェア、ソフトウェア】とは、コンピューター本体と、それを動かすもの

コンピューターは、大きく、ハードウェアとソフトウェア(ソフト)の2つに分けられます。

 

パソコンで言えば、パソコン本体やプリンターなどの“目に見えるもの”が「ハードウェア」、ブラウザ、ワープロ表計算、メールなどの“目に見えずハードウェアを動かすもの”が「ソフトウェア(略してソフト)」です。

 

ハードウェアは「hardware」、ソフトウェアは「software」という英語になりますが、「ware」 は、商品・製品のことですから、以下のようになります。

 

・ハードウェア(hardware)は「目に見える、硬いもの」

・ソフトウェア(software)は「目に見えない、柔らかいもの」

 

になります。これでも、なかなかイメージがつかめません。

 

・車で言うと、車自体がハードウェア、運転手がソフトウェア

・音楽プレイヤーで言うと、プレイヤー自体がハードウェア、音楽そのものがソフトウェア

 

つまり、目に見える「ハードウェア」を動かして、何か行動させるもの(運転をする、音楽を聴く)が「ソフトウェア」になります。

 

パソコン本体、CPU、ハードディスク、USB、デジカメ、プリンターなどは、全て”目に見えるもの”ですから、ハードウェア。

 

WindowsAndroidなどのようなOS(基本ソフト)、ブラウザ、メール、ワープロなどのアプリケーションソフトは、全て”目に見えないもの”なのでソフトウェアになります。

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain