【アプリケーションソフト(アプリ)】とは、パソコンやスマートフォンで様々なサービスを実行するもの

【アプリケーションソフト(アプリ)】とは、パソコンやスマートフォンで様々なサービスを実行するもの

 

ブラウザ、メール、ワープロなど、様々なサービスを実行するため、特定の目的のために作られたソフトウェアを、アプリケーションソフト(アプリ)と言います。

(注)「アプリケーションソフトウェア」というと長いので、略して「アプリ」と呼ばれます。

 

なお、アプリは基本ソフト(OS)の元で動くので、アプリ購入時は、それが動く基本ソフト(OS)を確認する必要があります。

 

アプリには、動作する基本ソフト(OS)は明記されているので、購入時は、必ずパソコンやスマートフォンの基本ソフトに一致するものを購入しましょう。

 

f:id:yougo-school:20180427135726p:plain

 

《補足》デバイスドライバとは

 

パソコンにプリンター、USBメモリ、デジカメなどを接続した際に、大事な役目をするのが「デバイスドライバ」というソフトウェアです。

 

デバイスドライバは、プリンターなどの機器毎に存在し、機器がパソコンに接続されると、OS(基本ソフト)は、対応するデバイスドライバを見つけ出し、機器とのデータのやりとりを任せます。

 

なお、このときに、対応するデバイスドライバが無ければ、パソコンは、それを見つけようとします。USBメモリなどは自動的に、OS(基本ソフト)が対応するデバイスドライバを自動的に見つけてくれます。

 

f:id:yougo-school:20180427135755p:plain

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain