インターネットを利用するための 必要な契約と機器(光回線、ADSL、CATV)

以下の流れで、自宅でインターネットを利用するときに、必要な契約と機器を説明します。

無料Wi-Fiのような場合は、既に項目1、2は準備されているので、単にWi-Fiを接続するだけですが、Wi-Fiが使える環境にするのは少々大変です。

 

1. 必要な契約

①回線業者との契約

②インターネット接続業者(プロバイダー)との契約

 

回線業者は、単にインターネットの信号が流れる回線を引くだけです。

インターネットを利用するためには、プロバイダーとの契約が必要。

 

2. 自宅に必要な機器

①モデム又は光回線終端装置(回線業者が設置します)

②ルーター(無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも呼びます)

 

3. パソコン、スマホをルーターに接続

①ルーターでインターネット接続業者(プロバイダー)にログイン

②パソコン、スマホをルーターに接続

 

f:id:yougo-school:20181028121939p:plain

 

ぜひ、以下の基本用語も参考にしてください。

知っておきたい無線LAN(Wi-Fi)の基本用語https://netyougo.hatenablog.com/entry/2018/10/18/180420

 

[必要な契約]

 

①回線業者との契約

光回線、ADSL回線とありますが、今は速度が速い光回線が主ですね。回線業者が家にインターネットを利用するための回線を引きます。

 

②インターネット接続業者(プロバイダー)との契約

回線業者は、単にインターネットの信号が流れる回線を引くだけです。インターネットに接続するためには、インターネット接続業者(プロバイダー)との契約が必要です。

 

(注1)回線契約時にプロバイダーを選択する場合のほか、プロバイダー契約時に回線契約も申し込む場合もあります。

 

(注2)光コラボレーション

NTT東日本・西日本が自社の光回線設備を他社(プロバイダなど)へ貸し出して、回線を借りた他社が、さまざまな独自サービスなどを付加して、自社名義で光回線サービスを提供することです。

 

(注3)フレッツ光、au光、ドコモ光はプロバイダーを選択できますが、ソフトバンク光で使用するプロバイダはYahoo!BBのみです。

 

[自宅に必要な機器]

 

①モデム又は光回線終端装置(回線業者が設置します)

回線を流れる信号を、コンピューターが扱える電気信号に変換するものです。ADSL回線を流れるのは電話回線の信号、光回線を流れるのは光なので、コンピューターが扱える電気信号に変換することが必要になります。

 

モデムは、ADSL回線の機器で、電話回線の中の信号を、コンピューターが扱える電気信号に変換します。

 

光回線終端装置(ONU)は、光回線の機器で、光信号をコンピューターが扱える電気信号に変換します。

 

②ルーター(無線LANルーター、Wi-Fiルーターとも呼びます)

 

自分で購入します。インターネット接続業者(プロバイダー)と接続するための機器です。

 

簡単に言えば、インターネット接続の窓口の機器です。このルーターを、①のモデム又は光回線終端装置に接続します。

 

[インターネット接続]

 

①ルーターでインターネット接続業者(プロバイダー)にログイン

 

ルーターでインターネット接続業者(プロバイダー)のコンピューターにログインすることでインターネットと接続します。

 

以上で、インターネットが使える環境が出来たことになります。後は、ルーターにパソコン、スマホを、(無線の場合は)Wi-Fiで接続して、インターネットを利用します。

 

②パソコン、スマホをルーターに接続 *以下、無線LAN(Wi-Fi)で説明します。

 

無線LANに接続するためには、無線LANルーターが持っているWi-Fiの名前(SSID)を探して接続します。

 

無線LANルーターには通常、複数のSSIDがあり、いくつかのWi-Fiが使えます。通常、無線LANルーターの機器本体の底面・背面に貼られたラベルに、複数のSSID(+パスワード)が記載されています。

 

なお、SSIDにはパスワードが有るものと無いものがあります。

 

①パスワードが有るSSID

・・・無線通信が暗号化されており、盗聴されても安全

 

②パスワードが無いSSID

・・・無線通信が暗号化されておらず、盗聴され情報が悪用される危険

 

パスワードは暗号化キーとも呼ばれ、弱い暗号化(WEP、WPA)、強い暗号化(WPA2)があるので、強い暗号化のパスワードを利用下さい。

 

無線LAN(Wi-Fi)の基本用語について、下記を参考にしてください。

知っておきたい無線LAN(Wi-Fi)の基本用語

https://netyougo.hatenablog.com/entry/2018/10/18/180420

 

[参考] インターネット接続方法の概要(代表的な例です)

 

インターネットに接続する方法は、大まかにいうと、①~⑥の流れです。

 

①パソコン、スマホ

②無線LANルーター(Wi-Fi接続、有線接続)

③モデム又は光回線終端装置(コンピューターが扱える電気信号に変換)

④回線(光回線、ADSL、ケーブルTV)

⑤プロバイダー(インターネット接続会社)

⑥インターネット

 

つまり、NTTフレッツ光、au光、ドコモ光(NTTフレッツ光の回線利用)などは、④の回線と③のモデム又は光回線終端装置のみ提供するものです。

 

そのため、インターネットに接続するためには、回線業者との契約に加え、⑤のプロバイダーとの契約も必要になります。

 

なお、実際にインターネットに接続しているのは、プロバイダーのコンピュータです。

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain