【メールの宛先(TO、CC、BCC)】とは、その違いと使い分けの方法

宛先には、以下の種類があります。なお、BCCは不特定多数の方にメールを送信する際に良く使われます。BCCを使う場合、TOCCを混在させず、BCCのみにすることが大事です(混在させると、受信者がメール返信した際に問題が生じます)。

TO :メールを読んで、何かをしてもらいたい人

CC :参考に読んでほしい人(carbon copy

BCC :他の送信先を見せずに同じ内容を送る場合の宛先(blind carbon copy)。多数の人への送信時に用いられます。

 

宛先の種類(TOCCBCC)の特徴と違い

 

f:id:yougo-school:20171125180904p:plain

■■□―――――――――――――――――――□■■

BCCの危険な使い方

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

BCCは、他の送信先を見せずに同じ内容を送る場合の宛先で、多数の人への送信時に用いられます。

 

BCCどうしであれば、相手のアドレスは見えません。また、TO、CCの宛先にも、BCCの宛先は見えません。

しかし、BCCの宛先には、TOとCCの宛先は見えています。これが問題を引き起こすことになります。

 

例えば、メールの送信先として、TO、CCにBCCの人を加えて送信することも可能です。この場合は、TO、CCの人に知られないように、秘密で、同じメールをBCCの人に送ったことになります。

 

しかし、このように送った場合に、BCCで送った人が全員返信すると、TO、CCの人にも返信メールが送られ、BCCで送ったことが分かってしまいます。これは、とても危険です。BCCを使うときは、同時にTO、CCを使うことは避けたほうが無難です。

 

BCCで受信した人が「全員返信」で送信すると、TO、CCの人にも返信されてしまい(BCCの人には返信されません)、BCCで送信したことがバレ、問題になります。

 

注意!! BCCを使う時、BCCのみを使用し、同時にTO、CCを使用しない!!

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

返信の方法

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

返信は基本的に送信者のみに送るのが原則です。

 

CC(参考の宛先)、BCC(秘密の宛先)できたメールに、全員返信をするのは避けたほうが良いですね。

特に、BCCできたメールでの全員返信は絶対にダメです。

 

以下に、自分にTOで来た場合、CCで来た場合、BCCで来た場合で、全員返信の送信先がどうなるか考えてみました。

 

結果的には、全員返信すると、送信者、TO、CCの人にメールが送られます。そのため、問題なのは、BCCでメールを受信し、そのメールに全員返信した場合です。

 

送信者は、他の人に知られないように秘密で、あなたにBCCで送ったのに、全員返信すると、TO、CCの人にも送信され、あなたにBCCで送ったことが分かってしまいます。

 

①自分にTOで来た場合の全員返信

送信者: Aさん

TO: Bさん、自分

CC: Cさん

BCC: Dさん

 

これを全員返信すると、BCCの人は見えないので、送信先は、送信者Aさん、TOのBさん、CCのCさんになります。

 

②自分にCCで来た場合の全員返信

送信者: Aさん

TO: Bさん

CC: Cさん、自分

BCC: Dさん

 

これを全員返信すると、BCCの人は見えないので、送信先は、送信者Aさん、TOのBさん、CCのCさんになります。

 

③自分にBCCで来た場合の全員返信

送信者: Aさん

TO: Bさん

CC: Cさん

BCC: Dさん、自分

 

これを全員返信すると、BCCの自分にもTO、CCの人は見えているので、送信先は、送信者Aさん、TOのBさん、CCのCさんになります。

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain