【音楽のデータ形式】とは、代表的なものにMP3、AACがあります

パソコン、スマホなどで音楽を利用する場合、MP3、AACWMAのような特別なデータに変換してから利用します。

 

これらの形式は、音楽データを圧縮しサイズを小さくしたもので、通常、音楽データのサイズの約1/10で記憶できます。

 

人間の感じ取りにくい部分のデータを間引くことによって、音楽データを圧縮し、データサイズを小さくしています。そのことで、より多くの音楽がパソコンやスマホに記憶できます。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

代表的な音楽のデータ形式

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

音楽データ形式にはさまざまありますが、MP3、AACは、代表的な音楽データの形式です。

 

■MP3(MPEG1 Audio layer3)

音楽データを圧縮する技術が色々と開発されていますが、このMP3は、以前から広く普及しています。MP3 は MPEG-1 という映像圧縮技術の音声部分を利用しています。

 

AAC (Advanced Audio Coding)

MP3の後継といえるもので、全ての圧縮率において高音質を実現するべく作られています。MP3はMPEG-1という映像圧縮技術の音声部分を利用していますが、AACは、より新しい MPEG-2 の音声圧縮技術を利用しています。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

音楽CDを取り込む時のビットレート

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

「MP3 128kbps」というのを聞くことがあります。MP3は圧縮形式ですが、次に続く「128kbps」がビットレートといわれます。

 

これは "音楽を1秒間あたりどれぐらいのデータに変換するか" の指標です。

 

  • 数値が高ければ音質は良いですが、変換後のデータサイズが大きくなります
  • 数値が低ければ音質は悪いですが、変換後のデータサイズは小さくなります

 

なお、以前は、パソコンのハードディスク容量の制限もあり、「MP3でCD並みの音質を確保するには、ビットレート128kbpsが良い」と言われていました。

 

しかし、今は、ハードディスク容量も1TBを越える時代になり、パソコン環境や音楽を考え、それ以上のビットレート160kbps、192kbpsでも良いかもしれません。

 

なお、このビットレートも絶対的な判断基準ではなく、自分で聞き比べて最適なものを見つけたらよいと思います。

 

音楽CDを取り込むソフト 「CDリッピングソフト」

 

リッピングソフトウェア【ripping software】とは、音楽CDからデータを読み込み、パソコンなどで使用できる形式に変換するソフトです。音楽CDのデータを、MP3、AACWMAなどの形式に変換(エンコード)して取り込みます。

 

ソフトにより、変換可能な形式が異なりますが、オプションで音楽形式と音質が設定できます。

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain