【無線LANとWi-Fi(ワイファイ)】は同じ意味 線無し(無線)でコンピュータ機器をつなぐもの

これまで、家庭や職場でパソコンなどをインターネットに接続する場合、LANケーブル(ラン ケーブル)という線を使っていました。

 

しかし、今では、線なし(無線)で、パソコンやスマホをインターネットに接続するようになってきました。

 

①職場や家庭など狭い範囲で ②線なしで インターネットに接続する方法を“無線LAN(ラン)”と言います。

 

無線LAN とはLANケーブルのような線を使用せず、無線を利用したコンピューター間の接続です。これは、TV・ラジオなどのように、(目に見えない)電波を使う方法です。

 

なお、

 

Wi-Fi(ワイファイ)は“無線LANが安心して使えるシンボル”

 

無線LANWi-Fi(ワイファイ)と考えても問題ありません。

 

最近では、パソコン以外にも、スマホ、プリンター、携帯ゲーム機、音楽プレイヤー、デジタルカメラ等にもWi-Fiが搭載されており、Wi-Fiのお陰で、無線で安心して相互に接続出来ます。

 

(注)電子レンジも、電波を使って、食べ物を温めています。そのため、無線LANを使う時に、電子レンジの電波で邪魔される場合があります。

 

Wi-Fi無線LAN)は情報を盗まれる危険が大きい!

 

この無線LAN、その便利さから普及してきましたが、無線を盗聴し、情報が盗まれる危険性があります。

セキュリティ対策(安全対策)が大事です。暗号化などのセキュリティ対策をしっかり考え、利用しましょう。

 

《補足》Wi-Fi(ワイファイ)

Wi-Fiは、パソコン、プリンターなどの通信機器が、安心して無線LANが使えるというシンボルです。Wi-Fiに対応していれば、他のWi-Fi対応の他社製品とも通信可能であることが保障されます。

 

最近では、パソコン以外にも、スマホ、プリンター、デジタルカメラ等にもWi-Fiが搭載されており、Wi-Fiのお陰で、無線で安心して相互に接続出来ます。

 

f:id:yougo-school:20180213124504p:plain

 

f:id:yougo-school:20180213124518p:plain

f:id:yougo-school:20180213124537p:plain

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain