【JavaScript(ジャバスクリプト)】とは、ホームページの表示に動きを加えるもの

JavaScriptは、ホームページに動きや対話性を付加することを目的に開発されました。

 

JavaScriptHTMLに組み込み、ブラウザがそのHTMLをもとに、ホームページを表示する際に、JavaScriptを解釈して、表示に動きを加えることができます。

 

HTMLに、JavaScriptで作られた処理を追加することで、流れる文字を表示させたり、アクセスするたびに違う文章や画像を表示したり、より動きのあるホームページ作成ができます。

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

JavaScriptの参考例] 時刻を表示するJavaScript

<html>

<head>

<title>サンプル</title>

</head>

<body>

<script type="text/javascript">

<!--

dd = new Date();

document.write(dd.toLocaleString());

// -->

</script>

</body>

</html>

 

(注)“<script type="text/javascript"> <!—”  と  “// --> </script>”の間にJavaScriptを記述します

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

 

但し、ホームページに高度な機能を付け加えるJavaScriptですが、反面、JavaScriptを使えばホームページに危険な処理を追加することもできるので要注意です。

 

ホームページを見たときに、危険なホームページに移動させたり、悪さをするソフトをダウンロードさせたり、個人情報を盗んだり、様々な危険な処理をホームページに組み込むことができます。

 

セキュリティ向上のため、ホームページを見る際に、“ブラウザでJavaScriptを使用しない設定”にしてください、ということを言われますが、こうすることで、ホームページがうまく表示できない場合もあります。

 

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain