グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスには「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の2種類があります

 

IPアドレスは、インターネットに接続するコンピューターに付けられる番号ですが、次の2種類があります。

 

グローバルIPアドレス

・・・世界中で管理され重複しないIPアドレス(電話の外線番号)

 

プライベートIPアドレス

・・・限られた範囲で使うことができるIPアドレス(電話の内線番号)

 

なお、IPアドレスは特定の機関によって管理されています。インターネットを利用する場合、プロバイダー(ISP)と契約しますが、IPアドレスの管理機関から IPアドレスを割り当ててもらい、それをさらに私たち利用者に割り当てています。

 

このように、世界中で管理されているIPアドレスを特に”グローバルIPアドレス”と言います。インターネットにコンピューターを接続する場合は、“グローバルIPアドレス”を使わなければなりません。電話の外線番号みたいなものが”グローバルIPアドレス”です。

 

“プライベートIPアドレス”は家庭や企業内の狭い範囲での、コンピューター間のデータのやり取りの際に利用されます。狭い範囲で使う、電話の内線番号みたいなものが“プライベートIPアドレス”です。

 

f:id:yougo-school:20181111120831p:plain

■ブロードバンド・ルーターとIPアドレス

 

ブロードバンド・ルーターの役目は、接続されている複数のパソコンをインターネットに接続することです。このような場合、IPアドレスは少々複雑になります。

 

パソコンは、プライベートIPアドレス(内線電話)を使い、ブロードバンド・ルーターに接続。その後、ブロードバンド・ルーターが、グローバルIPアドレス(外線電話)を使い、インターネットに接続します。

 

パソコン→(1)→ブロードバンド・ルーター→(2)→インターネット

(1)で使われるのが、プライベート IP アドレス(内線電話)

(2)で使われるのが、グローバル IP アドレス (外線電話)

 

ブロードバンド・ルーターに接続された複数のパソコンは、それぞれ固有のプライベートIPアドレス(内線電話)を持っています。

 

なお、インターネットに接続する場合は、ブロードバンド・ルーターが持っているグローバルIPアドレス(外線電話)が使われます。

 

 

f:id:yougo-school:20180506173846j:plain